真の学びを得るためにはどうしたらよいか

前回、「自分ごととして習得し実践できて初めて『真の学び』となる」ということを書きました。

前回の記事はこちら⇒ 学んでいるのに学んでいない生徒たち

 

では、真の学びを得るためにはどうしたらよいでしょうか。

 

「真の学び」を習得するために、「日々の記録(自分ログ)」を書くことをおすすめします。

イメージとしては日記のようなものですが、たんなる出来事の記録ではありません。

真の学びを得るためには、書き方にコツがあります。

 

「自分ログ」に書くことは以下の3つです。

①自分のしたこと、感じた事…事実 (ほとんどの場合、これで終わっています)

②自分が感じたことの原因……事実の背景にある、自分にとっての同意・違和感という「要素」

③今後の自分の対応……………この「要素」に対する自分が思う評価や、その後の言動への影響

これらを、“今”の自分が抱いているコメントとして書くようにします。

 

例を挙げてもう少し説明しましょう。

例えば、生徒に書かせるとこんな感じです。

<例>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今日は友達とディズニーランドに行きました。

キャストの人たちは相変わらず親切で、とても楽しかったです。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでは何も書いていないのと同じです。

なぜなら、その日1日の「自分の行動結果の記録」や、表面的な内容のない「喜怒哀楽という感情」しか書いていないからです。

 

この場合は、例えばこんな風に仕上げましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は友達とディズニーランドに行きました。

キャストさん達は相変わらず親切です。

私たちが次に見ようと思っていたショーの時間を心配して確認しようとしたら

一人のキャストさんが近づいてきて、いろいろ教えてくれました。

「よく気がつきますね」と聞くと、

“皆さんの行動に変化があったから”、と言っていました。

「動作のカラーが変わったのを見逃がさなかった」そうです。

キャストさんたちは、ゲストの些細な動きもよく観察してるのだと感心しました。

“それが役目”だと言っていました。

自分のすべきことに誇りを持っています。

私もキャストさんのように仕事に誇りを持ちたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「自分ログ」を書く目的は

①自分を知る

・当たり前の日常生活の中で、自分に刺激を与える“日常的な経験”があることを認めること。

・この“経験”を、意識をもってしっかりと受けとめ、自分が感じたその内容を文章にすること。

②自分の変化を意識する

・自分が文章にした事がらを、過去にさかのぼって読み返し・振り返り、その時々の自分を再認識すること。

・過去の自分の考えを尊重し、それを大切にし、前提にし、今日の自分が何を思うか記述すること。

③自分の価値観(理念)を構成する

・過去の自分の、その時々の変化を理解し、今の自分がどうあるべきか考え、決断すること。

・様々なことが“いかにあるべきか”、また“自分は何を大切にすべきか”を深く洞察すること。

 

書く力や表現力など国語力を養うにも効果的です。

 

1冊ノートを用意してもいいですし、スマホのアプリを利用するのも手です。

日記アプリもいろいろと出ています。

無料のブログサービスを利用してもいいでしょう。

自分が楽しみながら続けられそうな方法を選ぶといいですね。

大切なのは「続けること」です。

ぜひ楽しみながら、「自分ログ」を書いてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です