すきま時間を活用した勉強法

最近、すきま時間を活用した勉強法が話題になっています。

動画を見たり、音声を聞いたりして、すきま時間を活用しようということのようです。

でも、これを聞いて疑問に思ったことがあります。

そもそも、「何」のすきまなんでしょうか?

 

学校に、部活に、塾に、習い事・・・。

確かに今の子どもたちは忙しく、勉強する時間がないようです。

学校でアンケートをとると、勉強時間が0(ゼロ)という生徒がけっこうな割合を占めています。

でも、スマホやゲームをする時間はしっかりあるのです。

すきま時間に勉強することを考える前に、まずはそういった時間を勉強時間に変えることが必要です。

「最優先事項を優先する」ということを習慣づけることが大切だと思います。

中学生や高校生にとって最優先事項は勉強です。

それなのに、それ以外のことが優先事項となって、勉強は後付けとなっています。

すきま時間の勉強を考える前に、まずはそこを改善するべきではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です