これからの時代に必要な◯◯力

これからの時代というより、いつの時代にも必要な力だと思うのですが、

タイトルの◯◯には何が入ると思いますか?

いろいろありそうですよね。

 

まず「読む力」

今の子どもは圧倒的に読書量が足りていません。

数学や理科の指導をしているとよくわかります。

問題文の意味が理解できないのですね。

数学や理科ができないのは、計算ができないのではなく、読む力がないからだと思います。

 

次に「聴く力」

これも、個別指導をしていてよく感じることです。

1対1で目を見て話しかけているのに、上の空のような生徒もいます。

案の定、今言ったことを説明してごらんといってもできません。

聴く力は、「表現力」にも関わっているのかもしれません。

 

そして「問う力」

人との信頼関係を築く上では、「効果的な質問」が大切だと言われます。

質問力は、よりよいコミュニケーションのための手法です。

数学で言えば、わからないところを的確に言えることが大切です。

どこの何がどのようにわからないのか。

これも質問力といっていいでしょう。

 

読む力、聴く力がインプットだとすれば、表現力、質問力はアウトプットですね。

どちらもコミュニケーションをとる上で必要な力と言えます。

つまり、ひとことで言えば「コミュニケーション能力」です。

ここまでは、なーんだ、そんなの当たり前じゃないか、と思われるかもしれません。

 

私が今考えているのは、学校では決して学べない◯◯力です。

それは「稼ぐ力」です。

これは大人でもなかなか学ぶ機会がないのではないでしょうか。

 

まず、かなり多くの人は会社勤めをしています。

親が自営業や経営者ならともかく、多くの親、そして学校の先生も、勤務先から給料をもらっています。

学校の勉強は、教養にはなりますが、実学からは遠いところにあります。

教養はもちろん大切です。

新しいことを創造するにしても、その土台となる基礎的な知識は必要だからです。

しかし、インターネットでさまざまな情報が手に入る現代にあっては、その意味は薄れつつあります。

 

学校では教えてくれないけれど、これからの時代に必要な「稼ぐ力」。

新しい価値を創造し、それをお金に換える力。

それがこれからの時代には必要なのではないでしょうか。

 

かつてビジネスといえばBtoBやBtoCが主でした。

それが最近ではCtoBやCtoCも増えてきました。

そしてこれからの時代はCtoCの割合が増えてくると予想されます。

「個人」がブランディングしていく時代です。

 

そこで新しく「子ども起業コース」を開講します。

これは子ども向けの起業講座ですが、夏休みによくある体験講座ではありません。

大人と同じプロセスで事業計画を作り、商品やサービスを実際に提供するところまで実践していきます。

場合によっては開業届けを出していただくこともあるかもしれません。

ご興味ある方は、ぜひ一度無料説明会にいらしてください。

子ども起業コースの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です