主体的な学びとは

当塾を始めてから約1年が経ちました。

おかげさまで、当塾の指導方針に共感してくださる方々に通塾していただき、私たちも大変励みになっております。

     

開塾当初、当塾では1対1の個別指導コースのみでした。

ずっと公立高校で集団指導をしてきた私にとって、個別指導は生徒の状況を把握しやすく、丁寧な指導ができると感じています。

その一方で、丁寧に指導しすぎるあまり、生徒の主体性を伸ばせていないのではないかと感じるようになりました。

1対1の個別指導の場合、生徒の状況に応じて指導するため、生徒の理解度は高いように感じます。

でもそれは、こちらの方である程度導いているからかもしれません。

大切なのは、やはり「自分で考える」というプロセスです。

学校や塾で学んだことを、もう一度自分で解いてみる。

教師の導きなしに、1から自分でできるように繰り返し反復練習する。

そのプロセスがなければ、いくら教わっても自分のものとして定着しません。

「理解力」と「定着力」は別物です。

むしろ、理解力の高い生徒の方が、定着力が低いこともあります。

問題と模範解答を見て、なぜそうなっているのか、教科書を見ながら自分なりに考えてみる。

そういった主体的な学習を、ぜひ日頃から心がけてみてください。

      

       

もちろん、塾での指導の際に、もっと生徒自身が考える時間をとりたいと思うのですが、指導時間にも限りがあります。

そんなこともあり、新たに「寺子屋コース」という少人数クラスを設置しました。

寺子屋コースでは、自分で考える時間を大切にします。

こちらが導くのではなく、あくまでも考える主体は生徒です。

でも、質問にはすぐに答えられますので、効率よく学習が進められます。

1対1の指導でも、問題を解いている時間はどうしても出てきます。

その時間をうまく活用して、複数の生徒の面倒を見るということですから、1対1の個別指導とそれほど大きな違いはありません。

一度に複数の生徒の面倒を見ることができるので、指導料も多少お得になっています。

1対1の個別指導コースの枠は残り少ないですが、寺子屋コースでしたらまだお席に余裕があります。

数学をもっと伸ばしたい、数学がわからないときどうしていいかわからない、そんな方はぜひ寺子屋コースをご利用ください。

       

また、ただいま「お友だち紹介キャンペーン」を実施中です。

皆さんのまわりにいる数学を学びたいお友だちをご紹介ください。

素敵なプレゼントをご用意しています。

お友だち紹介キャンペーンは下記リンクよりご覧ください。

↓↓↓↓↓

お友だち紹介キャンペーン

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です